So-net無料ブログ作成
検索選択

UFO調査部署を廃止(イギリス) [アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア]

スポンサードリンク

英国防省、歴史50年のUFO調査部署を廃止 宇宙人より地球上の脅威重視で

 国防省は「地球外生命が存在するか否かに関する意見は一切持っていない。だが、過去50年間に得られたUFOに関する情報からは、地球外生命体によるわが国に対する潜在的脅威が存在するとの証拠が得られなかった。UFOの調査に国防上の利益を見いだせないため、防衛予算を使うのは不適切だ」との声明を発表。    同省の広報担当者によると、英国上空はレーダーなどにより24時間体制で監視されており、また何らかの危機的状況が発生した場合は英国空軍(Royal Air Force)が対処することになるという。UFO調査部署に使われていた予算は今後、英国の最優先事項であるアフガニスタンでの軍事費に回される見通しだ。


 矢追さんのMJ12とかってどうなったんだろうね
矢追純一さんまだUFO関連やってるみたい。そりゃそうだよね。
 地球に生物がいて、人類が発展したのだから、地球外に同じような進化をした生命体が居ても何らおかしくないけど、ようは至近にいる確率がそんなに高いかどうかだよね
 何しろ条件がそろった惑星が近くにないわけで。
まあ1億年早く発展した星があれば、文明も文化も1億年分進んでるだろうから地球に直ぐこれでもおかしくない。
 なんて考えると、とっくに侵略されてるんじゃないのってオチが待っている。

 英国に見習って、日本も無駄な税金は使わないに限る、そして集めないに限る。
再分配制度が上手く行かないのは途中でピンはねする連中が多いからで、集めなければ分配の必要もなくなる。

 などと久しぶりに考えさせられたUFO騒ぎでした?




スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。